葉酸は、胎児の正常な発達をサポートをする

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いとされています。効率的な摂取のタイミングは、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。

食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。
逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。
「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは大変密接に関わりあっています。
それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を意識しましょう。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿、汗と共に体外に排出され、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。
葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です